ちっちゃなくしゃみ(ハッピーセット絵本)のあらすじについて!対象年齢も解説!

ちっちゃなくしゃみ絵本

今回もハッピーセットの新しい絵本が登場しました!今回はせきゆうこさんの「ちっちゃなくしゃみ」です!

入手しましたので、あらすじなどを解説します。

※関連記事※

ハッピーセット2020の絵本の次回について!大きさは?品切れもある?
2020年のハッピーセットの絵本について紹介します
ハッピーセット2019の絵本の次回について!大きさは?評判もチェック!
こちらのページでは、マクドナルドハッピーセットの絵本について紹介します。 絵本の大きさは? 絵本のサイズは124mm×175mmです。青年マンガが128×182mmなので、大体同じくらいのサイズですね。ハードカバーのしっかりした作りで、...

ちっちゃなくしゃみのあらすじは?

ちっちゃなくしゃみ

きんぎょがくしゃみをすると…、蚊がよろけて犬に落ち、その血を吸って、犬が痒くなり、くわえていたボールを落とし、ボールを拾った女の子の持っていた風船が空に浮かび、その風船にカエルがつかまって空を飛び、塔の上の鐘を鳴らし、月のうさぎが目を覚まし、もちをつくと、そばを通っていたUFOにもちがくっつき、UFOは帰り、もちは地球へ落ち、アラレになって降ってきて、みんなでパクパク食べた、というお話。

感想は?

わが子でいくと…

8歳児
8歳児

きんぎょからはじまって色んな話が重なったね。

6歳児
6歳児

UFOって本当におるの?

4歳児
4歳児

アラレ降ってくるのいいな!

2歳児
2歳児

うさぎさん!

…といった具合。私は…

 

私

読むのが意外に難しい。言葉で動きが連鎖しているという説明をしてないから、絵をよくみてもらわないと…。

と思いました。

 

本当に、言葉で言おうと思えば、いくらでも「〇〇が~した△△を、□□が**して…」といった具合に説明できるんですけど、あえてこの絵本はしていなくて、

「きんぎょがくしゃみ、すると…蚊がよたよた。すると…犬にぴとっ!すると…ちくっ!」といった具合に、すっごく抽象的な表現しかしてないんですよ。

だから、大人としては読んでいて、「子どもはわかっているんだろうか?」なんて確認したくなるんですけど、そこはあえてこの文章で子どもの想像力をふくらませるしかない、という…。大人的にはハードでした。でも、子どもは絵をみて、理解していました。

そこに子どもと大人の差があるんだな…と今更ながら、感じた作品です。

対象年齢は?

わが子でいくと、簡単な文章なので2歳児も楽しんでいました。でも、2歳児はそれぞれの行動がつながっているということに気づいているのかいないのか…?4歳児はこうなってこうなった、というのを理解していました。

ということで、2、3歳からいけると思います。

 

コメント