ねずみくんのチョッキ(絵本)の対象年齢とあらすじは?感想も紹介!

ねずみくんのチョッキ絵本

我が子も大好きな絵本を紹介します。

ねずみくんのチョッキとは?

ねずみくんのチョッキは、なかえよしを作・上野紀子絵により1974年に発表した絵本。この話が人気を博し、「ねずみくん」シリーズは約50冊の絵本が出ています。

 

あらすじは?

ねずみ画像

「おかあさんが編んでくれたぼくのチョッキピッタリ似合うでしょう?」というねずみくん。鳥(あひる?)が出てきて「いいチョッキだね、ちょっと着せてよ」と言われ「うん」と承諾するねずみくん。今度は鳥が「少しきついが似合うかな?」とポーズをとります。そこへサルもやってきて、「いいチョッキだね、ちょっと着せてよ」「うん」…そうしてオットセイ、ライオン、ウマ、そしてゾウも次々と試着。ゾウが着て伸び伸びになったチョッキをみて「うわーぼくのチョッキだ!」と叫ぶねずみくん。ラストは伸び伸びになったチョッキを着てしょげるねずみくんの後ろ姿で終わります。

対象年齢は?

ポプラ社のホームページによると、主な対象年齢は3歳・4歳・5歳とされています。

しかし非常にシンプルなストーリーなので、2歳のわが子も理解していたので、2歳から楽しめると思います!

感想は?

我が子に読んだ感想は以下のとおり。

9歳児
8歳児

チョッキがのびてかわいそう…。でも最後にブランコして遊んでいるからよかったのかな?

7歳児
6歳児

なんで元の持ち主に確認せずにみんな着るの!?みんなだめだよ!

5歳児
4歳児

どんどん伸びていくのが怖かった。

でも、「似合うかな」っていう顔がみんな面白い

3歳児
2歳児

(それぞれポーズするのを見て)似合わなーい!

といった具合。

割とチョッキが伸びていくのがかわいそう、というのがあるみたいで、4歳児は当初はこわごわ見ていました。しかし、回を重ねるごとに、「ちょっと貸して」「似合うかな?」の何度も反復する展開を覚え、「次はライオンが着るよね」と次のページを言ったり、何度も楽しんでいました。

2歳児もカンタンなストーリー、しかも絵も登場人物だけのシンプルなものでよく理解して楽しんでいました。

6歳・8歳は救いを求めていましたが(笑)、エピローグのような最後のページの小枠でねずみくんがチョッキをブランコにしてゾウと遊んでいたので、少しは気が晴れた模様。

ちなみに私は…

私

すごく話も絵もシンプル。絵が鉛筆画かな?だけどチョッキは赤に塗ってあって、コントラストもいい

と思いました。

「ねずみくん」シリーズは夫妻で制作?

この本を制作したなかえよしを氏・上野紀子氏はご夫婦です。

「ねずみくんのチョッキ」は前作がアメリカで発刊された絵本「ゾウのボタン」に続いて、大きなゾウに対して小さなねずみを主人公にした話として生み出されました。

夫妻の秘話は以下ページも参照ください。

上野紀子(絵本作家)の経歴について!夫との出会いやねずみくんの誕生秘話も解説!
こちらのページでは、絵本作家の上野紀子さんについて解説します。 上野紀子さんのプロフィール! 夫・中江嘉男との出会いは? 上野紀子さんは1940年9月29日に埼玉県に生まれ、日本大学芸術学部美術科に入学します。そして同級生として、現在...
絵本作家同士の夫婦を一覧で紹介!日本人だけでなく外国もリサーチ!
こちらのページでは、夫婦で絵本作家をされている方々を紹介します。(50音順)  オシャレ絵本ばかり!ユニットで活動する夫婦絵本作家 accototo(アッコトト) 【代表作】「うしろにいるのだあれ」「めくってごらん」「だれのあしあと」...

ねずみくんの他のメディアは?

DVDはこちら。


(楽天)

ねずみくんのグッズは?

長年愛されるこの作品、子どものころに読んだという人が親になってわが子に与えたり、根強い人気です。グッズも様々に出ています。

※画像をクリックするとショップリンクへ飛びます。

ループタオル


(楽天)

生地

小物入れキーホルダー



(絵本ナビ)

ソックス



(絵本ナビ)

どれも可愛いですね!

コメント